猫の進行性網膜萎縮

カテゴリ |  眼の病気(眼病)

関連する病気: 瞬膜の露出(突出)進行性網膜萎縮流涙症(涙目)脈絡網膜炎角膜炎結膜炎緑内障眼瞼内反症まぶたのケガ

<症状と原因~進行性網膜萎縮>

網膜が萎縮することによる視力低下や症状が進行すると視力障害を起こし、動体視力が衰えていったりします。眼底にある光を感じる光受容層に、異常が生じる病気で初期状況でしたら視力障害は起こりません。

症状が進行すると、夜間の視力障害が現れ動いているものを追いにくくなり、 さらに進行すると、昼間の視力にも障害が現れ、光に対する反応が遅くなります。 末期になると、瞳孔は開きっぱなしになり視力が失われていきます。

原因として、網膜萎縮には「先天性」と「後天性」がありますが、ネコでは「先天性」のものはまれです。 「後天性」網膜萎縮の原因は、主に栄養性欠乏やタウリン欠乏があげられます。 タウリンの欠乏は、猫にドッグフードを与えることで栄養不足が起こります。

<対策・治療方法~進行性網膜萎縮>

不完全な食事から来る病気なので、栄養不足を補う為の食事改善が必要です。普段からバランスの良い食事を与えるように心がけましょう。

問題は栄養によるケースで、特に必須アミノ酸の欠乏による事が多いので、飼い主さんがきちんと管理してください。

​ ​