猫の結膜炎

カテゴリ |  眼の病気(眼病)

関連する病気: 瞬膜の露出(突出)進行性網膜萎縮流涙症(涙目)脈絡網膜炎角膜炎結膜炎緑内障眼瞼内反症まぶたのケガ

<症状と原因~結膜炎>

結膜は外界と接するため様々な原因により炎症を起こします。猫の多くは、ネコウィルス1型の感染によるものです。この病気は通常両眼性にみられ、子猫から成人した猫まで年齢に関係なく感染します。主にまぶたの裏側が炎症を起こす。

結膜炎には急性と慢性の2種類があって、目ヤニや浮腫みの状態によって振り分けられます。両目に症状がある場合にはウィルス感染が疑われます。ネコの目に対して何らかの不必要な刺激(砂ぼこり・細菌やウィルス)がある場合に発症します。

<対策・治療方法~結膜炎>

クラミジヤや細菌の混合感染を起こすこともあり、完治しにくい病気ですが、結膜の細胞診・培養などで治療の方向を決めて行きます。病気に掛かった猫を洗眼後、点眼液を投与しますが、原因を調べ治療法を選択します。ワクチン接種で予防することが可能です。

​ ​